Small Runs

"We have but one hope in mind: to unapologetically unleash our creativity with no restrictions but our own. We make things for ourselves with no concern of being misunderstood."

Repetition is destroying the industry we hold near and dear to our hearts. In an effort to stand by our morals, we have decided to produce a quantity that we see fit. 

The current maximalist logic of production takes a fully fleshed design, strips it down to its skeleton, replaces it with a cheaper skin to profitable margins, and reproduces it ad nauseam for mass consumption. This is the destructive cycle of fast fashion brands that create more static in an already noisy field. By producing small runs in limited editions, we are rejecting the formula. We find artists who are deeply committed to their practice that the market has drowned out. We make small runs because that’s what the assignment calls for. We are unstuffing the filler and peeling off the veneer, opting instead, to concentrate our resources on awe and integrity.

我々が持っている信念: それは誰にも臆することなく、クリエィティビティをリミット無しで解き放つ、しかし自分たちらしくあること。そして誤解を生むことなく、我々自身のために製作する。

無意味な大量生産や再生産は、我々にとって最も身近で愛する産業およの破壊の原因の一つになる。この信念を貫く為、我々は大量生産ではなく、必要最低限を生産することに決めた。

現代の最大の利益を追求するだけの生産ロジック、それは元々デザインされた表面を骨まで削ぎ落とし、価格の安い表皮を代わりに被せ、大量消費用に無意味な生産をすることである。これはすでにファストファッションブランドが生み出している破壊的なサイクルであり、残念ながら近年の定番の手法となってきている。

我々ができるこのロジックに対する姿勢が、少量・限定生産を貫くことである。日々製作に没頭し、弛み無い努力をしているアーティストが活躍できるマーケットが、消えかけているこの現代。固定観念のフィルターを壊し、うわべだけの皮を剥がす。そしてその空になったスペースに我々が満足でき、自慢できるるものを付け替える — これが我々がしなければならないここである。

 

" Never No More." (C) 1993 - Souls Of Mischief


Let Rad Shyt defines us.

 ( what is Kakunō suru ??? )

is a capsule, vault, or container. It invokes the drive to create and archive. We repeat this in our minds as a mantra and storage for our own explorations. It is our musings, subconsciouses, reveries, meanderings, zoning outs, freed inhibitions, motives materialized. Kakunō suru consolidates these impulses into a collection of items we call RAD SHYT. We have but one hope in mind: to unapologetically unleash our creativity with no restrictions but our own. We make things for ourselves with no concern of being misunderstood. You won’t find us at the shopping mall, on massive e-commerce conglomerates, or in big box stores. We are not made for those places, we aren’t interested either. We make things for us— the nerd, the outcast, the weirdo. Some of us skate, some of us surf, and some of us dig for vinyl. Some get up early and write. Some stay up late reading comic books watching kung fu flicks til sunrise. We are the ones on trains sketching in our notebooks never noticed. We are self-initiated creative deviants seeking only to immerse ourselves in and
share our craft.

To our many friends waiting,
” this shyt is for you.

それはカプセルでもあり、大切なものを保管する金庫でもあり、何かをしまうコンテナでもある。そして作成+保存をするためのドライブを起動させるもの。自分たちの探検と追及のため、このマントラと記憶を心の中で繰り返す。我々にとってそれは熱孝、潜在意識、空想、曲折、意識朦朧、抑制解放、そして実体化への動機である。「Kakunō suru」がこれらの要素をひとつに強固にし、我々のアイテムへと変化させる — そのことを我々の用語で「Rad Shyt」と呼ぶ。

我々が持っている信念: それは誰にも臆することなく、クリエィティビティをリミット無しで解き放つ、しかし自分たちらしくあること。そして誤解を生むことなく、我々自身のために製作する。
我々のアイテムは、大手のショッピングモールや総合オンラインストアにて見つけることはできない、なぜならこれらのアイテムはそのような場所で売られるために作られたわけないからだ。そして我々自身、そのような売り場に陳列することに興味はない。我々は我々自身 — マニアックで人は違う、一般人とは異なるような人間のための細作をする。仲間には色々な人間、例えばサーファー、スケーター、レコードコレクターがいる。朝早く起きて執筆する仲間もいれば、明け方まで夜更かしをしてカンフー映画や漫画に没頭する仲間もいる。我々はいつの間にかスケッチを自分のノートにしていることを気づかないような人間である。我々は自らが発起人となり、自分自身に浸り、そのクラフトを他人と共有しようとする、一般常識からは逸脱したクリエイター。

この瞬間を心待ちにしている親愛なる我々の仲間へ、
この「Rad Shyt」は、あなたの為に。